‚Ý‚È‚³‚ñv‚È‚ñ‚Å‚µ‚傤‚ˁB•¶ŠÏ‚炪Œã‘çŒí“Vc‚ÌŽwŽ¦‚Å‚±‚¤‚µ‚½‹F“˜‚ðs‚Á‚Ä‚¢‚½‚Æ‚¢‚¤‚̂͌ÓTu‘¾•½‹Lv‚Å‚à‘‚©‚ê‚Ä‚¢‚é‚Æ‚±‚낾‚ªA‚Ç‚¤‚â‚çŒã‘çŒí“V ‚µ‚悤‚Æ‚µ‚Ä‚¢‚½‚ ‚½‚èA‚±‚̐l‚炵‚¢‚Æ‚±‚ë‚Å‚Í‚ ‚éB‚µ‚©‚µ—]‚è‚ÉŠë‚È‚Á‚©‚µ‚¢‚»‚Ì—lŽq‚ðŒ©‚Ä‚¢‚āiŽÀÛA‚¢‚ë‚ñ‚ȈӖ¡‚ŁuƒAƒu‚È‚¢v‚ÆŽv‚¤jA Œ ‚ɉ߂¬‚È‚©‚Á‚½B, @ˆÉ‰ê‚Å‚Í‚Ì‚¿‚Ì‘«—˜’¼“~‚Æ‚È‚éŽq‹Ÿ‚ª¶‚Ü‚ê‚Ä‚¢‚éB„‘ª‚Å‚Í‚ ‚邪A’¼“~‚Í‚P‚R‚Q‚V”N‚²‚ë‚̐¶‚Ü‚ê‚Å‚ ‚é‚炵‚­Aƒhƒ‰ƒ}‚̐ݒè‚ƍ‡‚Á‚Ä

大河ドラマ「太平記」の冒頭は「ベルリンの壁崩壊」の映像から始まるのです。 さてようやく実現にこぎ着けた大河ドラマ「太平記」でしたが、いざ製作と決まったら大河ドラマ史上まれにみるスケールの態勢が組まれました。 ‚ç‚ê‚čēoê‚µ‚Ä‚¢‚邪A‚Ç‚±‚É‚¢‚é‚Ì‚©•ª‚©‚ç‚È‚¢‚®‚ç‚¢B, @‚¢‚æ‚¢‚æuŒ³O‚̕ρvBŽŸ‰ñ‚æ‚èA–{Ši“I‚È“®—‚ÌŽž‘ã‚ÌŽn‚Ü‚è‚Å‚ ‚éB, i²X–؍‚Ž‚ªo‰Æ‚µu“¹—_v‚Æ‚È‚Á‚½‚Ì‚à‚±‚Ì‚Æ‚«j. 太平記 現代語訳 インデックス3 (その中に [主要人物・登場箇所リスト]へのリンクもあり) この現代語訳は、原文に忠実なものではありません。様々な脚色等が施されています。太平記に記述されている事は、史実であるのかどうか、よく分かりません。 後醍醐天皇が籠もっていた笠置山が落城。京都に戻った足利高氏は北畠顕家(後藤久美子)の訪問を受ける。顕家の依頼に応じて会った北畠親房(近藤正臣)は高氏に対して、後醍醐天皇が暗殺などに遭わぬよう守って欲しいと頼んできた。, 高氏のかつての腹心、一色右馬介(大地康雄)は伊賀に攻め入る足利軍の先駆けとして情報収集や地元豪族の懐柔工作を続ける一方、具足師柳斉として藤夜叉(宮沢りえ)とその子不知哉丸が暮らす里へも通っていた。その右馬介に対して、田楽一座の花夜叉(樋口可南子)は、伊賀に落ちてくる楠木正成(武田鉄矢)を助けるように高氏に伝えて欲しいと頼んでくる。, 楠木一党500人が籠城する赤坂城では1ヶ月を超える攻防の後、兵糧・矢などが尽き、これ以上の抵抗は不可能と開城する。楠木正成は自らの戦死を偽装した上で、農民に身をやつし、”石”(柳葉敏郎)の案内で伊賀に落ち延びようとしていた。, 赤坂城が落城した時点では足利軍はまだ伊賀から河内への進軍中であったが、落城によりその役割は城攻め・包囲から、残党狩り、謀反側の武将や公卿達の落人捕縛に役割が変わることとなった。「殿、無念でござりまする。我が軍は矢を一本も射たずして鎌倉に帰らねばなりませぬ。」帝の兵には矢を射たないという高氏の意を汲んでか、高師直(柄本明)は言葉とは裏腹にしてやったりという表情で言上する。, 「まだ落人狩りが残っておる。油断いたすな。その書状にある通り、このまま伊賀を突っ切る。」, 高氏が休憩のためにはいった寺の講堂には頭巾で顔を隠した右馬介が忍んでおり、伊賀周辺の豪族対策が終わっていることを、高氏に報告する。「・・後は、楠木一族の始末だけでござりまする」「やはり、伊賀に落ちて参ると思うか。・・大佛殿は伊賀の道道に関所を作り取り締まれをいたせと申してきておる。捕らえ次第、首をはねよ、と。此度の我が軍は北条の縁者も多く、見逃すわけにはいくまい。楠木殿が伊賀に逃げてこないことを祈るだけじゃ。ワシは伊賀なんかに来るのではなかった。」「やはりお気にかかりまするか?藤夜叉殿のご様子が・・。この山をひとつ超えた里に藤夜叉殿が・・」「申すな。・・この7年、そちを頼りに、心に置かぬよう、思わぬよう、己に強いてきた。ところが、鎌倉を出てから日に日にそれがかなわぬようになってきたのじゃ。・・この伊賀の里に、まだ見ぬ我が子がいると・・こうして伊賀に来るとは・・」「さほどにお気にならさるのであれば、いっそお会いなされますか?」「会うてみたい、会うてみたいが、さすれば母子とも白日の元にさらすことになろう。・・この先、ワシの身に何事か起ころうとも、無縁の者なれば誰も手出しはせず、穏やかに生き延びていけよう。会うて名乗ればそうはいかぬ。・・違うか?右馬介」, 赤坂城落城の4日後、伊賀の藤夜叉達の里に”石”(柳葉敏郎)と楠木正成(武田鉄矢)が落ち延びてくる。, 花夜叉は正成の妹、卯木として助力を申し出るが、正成は一度勝手に出奔した妹に関わることはできないと断る。花夜叉は、一座が世話になっている地場の豪族服部小六より正成の支援を命じられており、その命に従い、正成を支援すると申し入れ、ようやく正成は同意する。, 楠木正成と花夜叉が兄妹であったという設定はたしか原作由来のものだが、ここまでのドラマの中では1、2回少しだけ触れられたことがあるだけだったので、若干とってつけた感がある。原作では、卯木の夫も登場しており、日野俊基の活動や逃亡に関わる市井の人々代表としてけっこう筆が割かれているのだが、そうしたパートはなく、妹設定だけが残った印象だ(今回原作の再チェックは未済)。, その夜、足利軍の陣に、北条軍から使者として土肥佐渡前司(大塚周夫)が遣わされてくる。楠木正成らしきものを追い込み、ちょうど足利軍が駐屯している山間に追い込んだと言い、木戸を設け山への出入りを厳しく詮議し、さらには山間に散在する里の家々をひとつひとつ調べるべしと言う。土肥の部隊も同道すると高氏に伝える。, 土肥役の大塚周夫は俳優業よりも声優として有名な方ですね。*1土肥佐渡前司は「太平記」の中で、遠征軍の侍のひとりとして名前があがっている模様だが不詳だ。(宿題), 翌朝、早朝家々ひとつひとつの検分がはじまり、農民達は小屋から外に引き出される。その騒ぎは山向うの藤夜叉のところにも伝え来る。, ”石”は、身をやつした楠木正成を一座に加えた花夜叉一座に同道するべく出立しようとするが、藤夜叉が止める。”石”は、楠木正成が幕府を倒せば日野俊基が言っていた良き世の中になるのだ。そのためにもここで楠木様をお助けしなければならない!、と藤夜叉に言うが、藤夜叉は納得しない。「・・せっかく行きて帰ってきたのに、そんな先の事、どうでもいいから!」「放せ。・・お主とは夫婦でもなし、ワシが何をしようが、どこで死のうが勝手だろう。ワシラ、赤の他人の兄妹ぞ。・・つつがのう暮らせ」「石!」一人残される藤夜叉。, 愁嘆場にふらりと現れる柳斉こと右馬介。「石殿は一座といっしょにお立ちかの?無謀なことを。この辺りは幕府の兵で囲まれているというのに」「つかまりますか?」「わかりませぬが、楠木殿と共に捕らえられれば命はない。さりとて、あの勢いでは止めようもない。」「足利高氏様にお願いすれば救うていただけますか?お願いでございます。足利高氏様に会わせていただけませぬか。」, 部隊を進めながら付近の村々の検分を進めていく高氏の元に、右馬介が馬を飛ばしてくる。「この辺りの里には楠木の残党は見当たりませぬ。このまま北へお進みください。」「これから先はそちに道案内を頼む。先駆けせよ。」, 途中、右馬介が高氏に言う。「このさきはしばらく人里がござりまする。ここは湧き水のうまい里でござります。しばし休まれてはいかがか・・」おそらくこの時には右馬介の計に乗るという示し合わせがあったのだろう。高氏は応じ、部隊には小休止が命じられる。中軍に位置した高師直(柄本明)が「何故、このようなところで、飯時には早かろう?」と首を捻っていたところを見ると、彼にも真意は伝えられてなかったものと思われる。, 右馬介に案内された民家の前、ちゃんばら遊びの子供らを見る高氏。「不知哉丸!」子供追い家から出てきたのは藤夜叉。「我ら通りすがりのもの、あれにおわすは我が主でござります。なにとぞ水を1杯いただけませぬか。」右馬介が藤夜叉に言う。「水でよろしければ・・」, 藤夜叉が差し出した柄杓の水を口にした後、高氏が訊く。「さきほどのお子はおもとのお子か?」「はい」「健やかなお子とお見受けしたが、はや7、8歳か?」「7つになりまする。ああして戦のマネごとばかりして遊んでおります。大きくなったら武士になるのだと。父親は戦で死んだ侍大将と小さい時から教えて育てました故、己もきっとそうなるのだと。困り果てております。」, 「それがしになにかできることはござらぬか。通りすがりとは申せ、大事な水を頂戴いたした。」「こたびの戦は大きな戦の前触れじゃと申すものがござります。真でござりましょうか?お願いでございます。これ以上、戦を大きくしないで。恐ろしいのです。戦があると皆変わってしまいます。皆離れていくのです。”石”も一座も、世の中を良くするためだと、皆怖い顔でいってしまいます。昔のように、のんびり、歌ったり踊ったり、皆親子や兄弟のように。そういうことがどんどん遠くなって・・。この先、不知哉丸が大きくなってあの子まで戦に、もしそうなったら、もしそうなったら・・今日も石は出かけてしまいました。楠木様を助けるのだと申しまして。楠木様がどれほど偉い御方なのか存じませぬ。でも私には兄妹の”石”のほうが大事なのです。幼い頃よりいっしょに育ったのです。乱暴ものですが、心根は優しい者です。もし楠木様といっしょに捕らえられても、どうかお力をもって命だけは・・どうか”石”を・・。どうか”石”をわたしのところにお返しください・・。この通りです・・。」「落ち着いて、しかと申されよ。その”石”とやらは楠木殿といっしょにおられるのか?まだ遠くへは行かぬか?・・おもとが大切に思うておるものか?」「はい」「わかった。及ばずながら力になろうぞ」, そこへ楠木正成らしい人物を関で検分中との事を伝える急使が来る。「ん、すぐ参る。」最後にもう1杯水を飲み、柄杓は藤夜叉に返される。「案ずるな。・・馳走になった。お子を戦に出されぬよう。大事になされ。御身も身体をいとわれよ。」「御殿も・・」, 赤坂城落城後の残党狩りを遠景にして、叙情的なストーリーメインで展開するという、歴史を描いてきた大河ドラマとしても珍しいのではないかと思われるエピソード。エピソード中、半分弱の尺を投じて描かれた後半のシーンが出色!・・となったか?, 7年振りにかつての想い人に会うという時、人はどう反応するのだろう。ある種ベタな、一歩間違うと三文ドラマに陥ってしまう、でもそれだけに脚本にしても演出にしても挑み甲斐がありそうなテーマではないか?, 男はかつての想い人に会ってみたいという。また会うことが叶わなかった自分の子を見たいという。ただそれによって母子を大事に巻き込むことには慎重でいる。女のほうが男に会うのは、男が権力を持つ人物だから。自分の大事な人を助けて欲しい、とそれだけを願い、依頼してくる。, 脚本はやはり男性脚本家のためか男性寄りの視点。演技演出は宮沢りえが最初の頃の硬さはとれているものの上手くはないわなぁ・・。せっかくの高氏の思いや、再会にあたっての男女の思いの違いなどはさらりと見ていると残らない印象。, シーンで流れる劇伴はとても良い。この後のドラマの中で高氏と藤夜叉が顔をあわせる機会はそれほど多くはないはずなので、聞ける機会も残り少ないということか・・。, 藤夜叉役の宮沢りえは3話などの登場時点からすると演技はよくなっているのだが、柳葉敏郎と絡んだ二人だけのシーンになると、二人して上手くないのでどうも質が落ちて、陳腐に見えてならない。柳葉敏郎の演技はどこまでいっても、柳葉敏郎にしかならないのはどうしたものか。というか、”石”の存在自体が不要なのではないかとさえ・・。, 佐々木道誉は足利高氏にとって因縁の相手。敵であったり味方であったりとなにかと絡んでくる。前エピソードで佐々木道誉が久々に登場したが記述するのを漏らしていたため、前回の補足として、これまでのドラマの中での高氏と道誉との因縁についてまとめた。, ここまでが高氏19歳から20歳の頃。以下は7年後で現在進行中だが高氏26~7歳といったところだろう。, *1:チャールズ・ブロンソンなど洋画の吹き替え。息子の大塚明夫も声優、こちらはアナベル・ガトーなんかもやっているので父子そろって声が渋い。, yuishikaさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog
c–{l‚à‚»‚¤‚µ‚½‹F“˜‚ðs‚Á‚Ä‚¢‚½ß‚ª‚ ‚éBŠe’n‚̍‹‘°‚É–§‚©‚ÉŒˆ‹N‚ðŒÄ‚Ñ‚©‚¯‚é‚È‚ÇŒ»ŽÀ“I‚ÈŒv‰æ‚ði‚ß‚éˆê•ûA‚±‚¤‚µ‚½ƒTƒCƒLƒbƒNƒpƒ[‚ð‚à‘å‚¢‚ÉŠˆ—p [美]とは、いったい、何なのか? What, exactly, is [beauty]? ‚P‚R‚R‚P”N‚́uŒ³O‚̕ρv‚Ö‚Æ•¨Œê‚͈ڂÁ‚Ä‚¢‚­BŒã‘çŒí“Vc‚̍cŽqEŒì—ǐe‰¤i’ç‘å“ñ˜Yj‚à‰“oêB“oêƒV[ƒ“‚©‚ç‚¢‚«‚È‚èr–@Žt‘ŠŽè‚É•Œ|’b˜B‚Ƃ́A‚¢ 「太平記」は「北条時宗」の孫ぐらいの世代のお話なので、並べてみるといろいろと面白い。 「時宗」 のほうだと北条側から描くのでまた違った視点で両家の関係を見ることが出来るのも楽しみの一つだ。 ‹g“c’è–[Ž©g‚Í‘æŽl‰ñˆÈŒãA‚±‚̉ñ‚àŠÜ‚߂ăhƒ‰ƒ}‚É‚Í‘S‚­“oê‚¹‚¸ƒZƒŠƒt’†‚É–¼‘O‚ªo‚邾‚¯‚Å‚ ‚éB‚È‚º‚©‘æ‚Q‚T‰ñ‚Ì’©’ìƒV[ƒ“‚Å“¯‚¶‚…Œå˜Y‚³‚ñ‚ɉ‰‚¶

@ƒ`ƒ‰ƒb‚Æ‚Å‚Í‚ ‚邪A‘çŒíŽ›‚Å•¶ŠÏ‚ª–‹•{’²•š‚Ì‹F“˜‚ð‚µ‚Ä‚¢‚é‰f‘œ‚ª‰f‚éBŽü‚è‚Å‚¨Œo‚ð¥‚¦‚Ä‚¢‚é‚̂͏o‰‰ŽÒ•\Ž¦‚ɏo‚Ä‚¢‚½u^Œ¾@–LŽR”h‚Ì | 太平記 現代語訳 14-3 矢作、鷺坂、手超の戦い », 太平記 現代語訳 インデックス3 (その中に [主要人物・登場箇所リスト]へのリンクもあり) この現代語訳は、原文に忠実なものではありません。様々な脚色等が施されています。太平記に記述されている事は、史実であるのかどうか、よく分かりません。太平記に書かれていることを、綿密な検証を経ることなく、史実であると考えるのは、危険な行為であろうと思われます。--------11月8日、新田義貞(にったよしさだ)は兵を率いて御所へ参内し、朝敵追討命令を後醍醐天皇(ごだいごてんのう)から賜った。義貞らの乗馬や武具はまことに爽やかに輝きわたり、宮中の階下に、左大臣、右大臣、納言、参議、八省の官僚たちが勢揃いする中、節度(せつど:注1)付与の儀式が執行された。治承(じしょう)4年に、源頼朝(みなもとのよりとも)追討の為に平惟盛(たいらのこれもり)を東下させた時に、節度として駅鈴(えきれい:注2)だけ渡してすませた、という過去の不吉の例(注3)を避けて、今回は、天慶・承平(てんぎょう・しょうへい)年間の例(注4)にのっとった形で、儀式は行われた。--------(訳者注1)天皇から出陣を命じられたということの証拠物。(訳者注2)これを持っていると、遠征の道中で人夫や馬を強制調達することができる。(訳者注3)平惟盛は、その目的を達成することができなかった。(訳者注4)平将門(たいらのまさかど)を追討した時の前例。--------節度付与の儀式終了の後、新田軍は二条河原(にじょうがわら)へうって出て、軍の勢揃いを行った。その後、まず二条高倉(にじょうたかくら:京都市・中京区)の足利尊氏(あしかがたかうじ)邸へ、舟田義昌(ふなだよしまさ)を差し向けた。舟田軍は、トキの声を3度上げ、カブラ矢3本を射た後に、足利邸の中門の柱を切って落とした。これは、嘉承(かしょう)3年に、平正盛(たいらのまさもり)が、源義親(みなもとのよしちか)追討の為に出羽国(でわこく:東北地方西部)へ出陣した際の前例にならって、やってみせたということである。その後、足利(あしかが)追討軍・総指令・尊良(たかよし)親王も、500余騎に守られて三条河原(さんじょうがわら)へうって出た。ところが、天皇から賜った[錦のみ旗]を掲げたちょうどその時、にわかに強風が吹いて、旗に打ちつけてあった金銀製の日月の紋が、旗から離れて地面に落ちるという、まことに不思議な事が起こった。これを目撃した者らはみな一様に、目撃した者・全員 (内心)こらあかんわ、今度の戦、うまいこといかんで。--------同日正午、新田義貞は、京都を出発した。元弘(げんこう)年間の初め、この人はあの大敵・北条(ほうじょう)氏を滅ぼし、その功績は他を越えている。にもかかわらず、後醍醐天皇のお側にぴったりとはりついている足利尊氏(あしかがたかうじ)にその功を奪われ、働きに見合うだけの恩賞を、与えられてはいなかった。しかし、彼の積んだ隠徳もついに世に露(あらわ)れ、今や、「新田殿こそは日本国一の武将!」と、人々から仰ぎ見られる存在となった。これを見て、源氏の家系に連なる者たちも、他家の家系の者たちも、従来の偏見を完全に棄て去り、残らず、彼に従うようになった。その軍を構成するメンバーは、大手方面軍、新田一族メンバーは以下の通りである、義貞の弟・脇屋義助(わきやよしすけ)、義助の子・脇屋義治(わきやよしはる)、堀口貞満(ほりぐちさだみつ)、錦折刑部少輔(にしきおりぎょうぶしょうゆう)、里見伊賀守(さとみいがのかみ)、里見大膳亮(さとみだいぜんのすけ)、桃井遠江守(もものいとおとおみのかみ)、鳥山修理亮(とりやましゅりのすけ)、細屋右馬助(ほそやうまのすけ)、大井田式部大輔(おおいだしきぶたいふ)、大嶋讃岐守(おおしまさぬきのかみ)、岩松民部大輔(いわまつみんぶたいふ)、籠澤入道(こもりざわにゅうどう)、額田掃部助(ぬかだかもんのすけ)、金谷治部少輔(かなやじぶしょうゆう)、世良田兵庫助(せらだひょうごのすけ)、羽川備中守(はねかわびっちゅうのかみ)、一井兵部大輔(いちのいひょうぶたいふ)、堤宮内卿律師(つつみくないきょうりっし)、田井蔵人大夫(たいくろうどのたいふ)、他、源氏末流30余人、彼らが率いる7,000余騎が、大将・新田義貞の前後を、びっしりと守り囲む。新田一族以外の有力武士メンバーは、以下の通りである。千葉貞胤(ちばさだたね)、宇都宮公綱(うつのみやきんつな)、菊池武重(きくちたけしげ)、大友貞載(おおともさだとし)、厚東駿河守(こうとうするがのかみ)、大内弘直(おおうちひろなお)、塩治高貞(えんやたかさだ)、加地源太左衛門(かじげんたさえもん)、熱田摂津大宮司(あつたのせっつのだいぐうじ)、愛曽伊勢三郎(あそのいせのさぶろう)、遠山加藤五郎(とおやまかとうごろう)、武田甲斐守(たけだかいのかみ)、小笠原貞宗(おがさわらさだむね)、高山遠江守(たかやまとおとおみのかみ)、河越三河守(かわごえみかわのかみ)、児玉庄左衛門(こだましょうざえもん)、杉原下総守(すぎはらしもふさのかみ)、高田義遠(たかだよしとお)、藤田三郎左衛門(ふじたさぶろうさえもん)、難波備前守(なんばびぜんのかみ)、田中三郎衛門(たなかさぶろうざえもん)、舟田義昌、舟田経政(ふなだつねまさ)、由良三郎左衛門(ゆらさぶろうざえもん)、由良美作守(ゆらみまさかのかみ)、長浜六郎左衛門(ながはまろくろうざえもん)、山上六郎左衛門(やまがみろくろうざえもん)、波多野三郎(はだのさぶろう)、高梨、小国(おぐに)、河内(かわち)、池、風間(かざま)、延暦寺(えんりゃくじ)からは、道場坊祐覚(どうじょうぼうゆうかく)。これら主要メンバーの他、諸国の有力武士ら320余人、軍勢合計67,000余騎。前陣はすでに尾張国の熱田(あつた:名古屋市・熱田区)に到着というのに、後陣は未だに、逢坂関(おうさかのせき:滋賀県・大津市)、四宮河原(しのみやがわら:京都市・山科区)のあたりを行軍している。からめ手方面の東山道(とうさんどう)を進む軍は、義貞の軍から3日遅れで京都を出発した。軍を率いる大将は:大智院宮(だいちいんのみや)、弾正尹宮(だんじょうのいんのみや)、洞院実世(とういんさねよ)、持明院兵衛督入道・道応(じみょういんひょうえのかみにゅうどう・どうおう)、園基隆(そのもとたか)、二条為冬(にじょうためふゆ)。侍大将は:江田行義(えだゆきよし)、大館氏義(おおたちうじよし)、嶋津上総入道(しまづかずさのにゅうどう)、嶋津筑後前司(しまづちくごのぜんじ)、饗庭(あいば)、石谷(いしがえ)、猿子(ましこ)、落合(おちあい)、仁科(にしな)、伊木(いぎ)、津志(つし)、中村(なかむら)、村上(むらかみ)、纐纈(こうけつ)、高梨(たかなし)、志賀(しが)、真壁十郎(まかべじゅうろう)、美濃権介助重(みののごんのすけすけしげ)。これらを主要メンバーとして、合計5,000余騎。黒田宿(くろだじゅく:愛知県・一宮市)から東山道経由で、信濃国(しなのこく:長野県)へ進んで行く。信濃国国司・堀河中納言の軍勢2,000余騎がそれに合流した後、合計1万余騎の軍勢は、大井(おおい:岐阜県・恵那市)の城を攻略の後、大手とからめ手同時に鎌倉へ寄せようということになり、そこで、大手方面軍からの合図を待った。--------「追討軍、京都を出発!」との情報が、しきりに鎌倉(かまくら:神奈川県・鎌倉市)へ伝わってくる。足利直義(あしかがただよし)と、仁木(にっき)、細川(ほそかわ)、高(こう)、上杉(うえすぎ)らの足利家臣たちは、尊氏のもとに集まった。家臣A 殿、ご一家を滅ぼすための大軍が編成された、との情報が来ておりますよ!家臣B 新田義貞が率いる軍勢が、既に京都を出発してて、東海・東山の両道より、こちらに攻め寄せてきてるようです!家臣C 重要な防衛ポイントをね、先に敵に超えられちまうと、もうどうしようも無くなっちまいますからね、急いで、矢作川(やはぎがわ:愛知県・岡崎市)か薩埵峠(さったとうげ:静岡県・静岡市)あたりまで進んで、敵を食い止めるようにしては、どうでしょう?家臣A 殿、さ、早く、ご指示を!家臣一同 ご指示を!足利尊氏 ・・・。足利直義と家臣一同 ・・・(ジリジリ)。長い沈黙の後、尊氏はようやく口を開いた。足利尊氏 私はなぁ、代々弓矢取る家に生まれ、かろうじて、源氏直系としての家名を保ってきた・・・。一同 ・・・。足利尊氏 源氏の直系とはいうものの・・・承久の乱以降、わが足利家は、北条家の恩顧の下にただただひれ伏し、家名を汚し、先祖の名をはずかしめ続けるばかり。その怨みは、先祖代々深く、積もり積もってきた。一同 ・・・。足利尊氏 今になってやっと、その怨みを晴らすことができたんだ。足利尊氏 源氏の手から離れて久しい、征夷大将軍の職にも就任できた、従三位(じゅさんみ)の高い位にまでも、上りつめる事ができた。私のわずかな功績に対して、陛下から大きな御恩を頂いてなぁ・・・。足利尊氏 その頂いた御恩を忘れる、なんて事では、いかんだろう。それは、人間の踏むべき道じゃないだろう。足利尊氏 陛下がお怒りになっておられるのは、護良親王を殺害したこと、それと、諸国に軍勢催促の将軍命令書を出した事、この2点だろう? これはなぁ・・・これは、私がやった事じゃ、ないんだから!一同 ・・・(互いに目と目を合わせあう)。足利尊氏 朝廷に対して、このへんの事を詳しく申し開きをすればな、私の汚名もやがては消えてな、陛下のお怒りも静まるだろうよ。足利尊氏 君らはな、各々の考える所に従って、自分の進退を決めたらいいよ。私は、陛下に対して、弓を引き、矢を放つような事は絶対しない!足利尊氏 それでも、罪を逃れられないとなったら、頭を丸め、墨染めの衣に着替えて、陛下に対して逆らう意志は全くありません、ということを示すとしよう。そうするのが、我が家の子孫にとってもベストだろ!吐き棄てるように言うやいなや、尊氏は背後の室に入り、障子をピシャンと締めてしまった。甲冑に身をかため、意気込んで集まっていたメンバーらは、あっけに取られてしまった。(家臣一同、肩を落として、退出しながら)家臣A (小声で)なんだよぉ、あれはぁ。家臣B (小声で)あんな展開になるなんて、思っても見なかったぜ。家臣C (小声で)殿、いったい、どうしちゃったんだろ?家臣D (小声で)あんな事言われちゃ、ガックリ来ちゃうよなぁ。家臣E (小声で)おい、これからイッテェ、どうすりゃぁいぃんだぁ、おれたち!家臣F (小声で)まいったぜ、ったくぅ!--------このようにして2日が経過。家臣A おいおい! 敵軍がな、三河(みかわ:愛知県東部)、遠江(とおとおみ:静岡県中部)まで進んで来たってよぉ! 大将は、尊良親王だそうだ。家臣B 来たかぁ。家臣C なんとかしなきゃ!足利側は騒然としてきた。さっそく、上杉憲房(うえすぎのりふさ)、細川和氏(ほそかわかずうじ)、佐々木道誉(ささきどうよ)が、足利直義の所に集まって、今後の策を検討しはじめた。上杉憲房 尊氏様がおっしゃってる事にも、たしかに一面の道理はあるんだけどぉ、でも、今のように、公家が政権を握ってる世の中が続いていく限り、国中の武士どもは、浮かばれねぇですよ、つまんねぇ公家の連中らに、ヒイコラヒイコラ、奴婢僕従(ぬひぼくじゅう)のごとく、こき使われていくしかねぇんだもん!細川和氏 そうだ、そうだ! 日本国中の地頭や御家人たちは、憤懣と絶望の日々を過ごしてんだぁ!佐々木道誉 みんなじいっと、我慢してな、心ならずも、公家たちに従ってるのさ。なんせ、武士たちを率いて、リーダーになってくれるような人が、今までいなかったんだもん。佐々木道誉 だからな、「武士たちの為に、足利家、立つ!」という事になったら、いったいどうなる? それ聞いたら、武士たち残らず、こっちサイドに馳せ参じて来るだろう。細川和氏 いいですね、それ! それでこそ、足利家の運も、これから開けていくってもんだ。佐々木道誉 将軍殿も、一応の理屈を考えて、あんな事言ってるんだろう、でもまぁ、見ててご覧なさいってぇ、自分の頭の上に危険が迫ってきちゃったら、あんな風にオサまりかえってるわけには、いかなくなるよ。上杉憲房 とにかく、ここで、アァダコォダと、時間使って議論してるヒマなんか、もうありません。そんな事してるうちに、新田軍は防衛ポイント、越えてしまいます。そうなってからじゃぁ、いくら後悔しても、どうしようもない。尊氏様は、仕方がないから、鎌倉に残したまま、直義様、一刻も早く、出陣してください!細川和氏 是非とも、そうしてください!佐々木道誉 我々も各自、直義殿の指揮に従って、伊豆(いず:静岡県東部)か駿河(するが:静岡県中部)のあたりに、防衛ラインを敷いてだな、敵と一線交えて、自らの運を見定めるとしようや。足利直義 (ガバと立ち上がり)みんな、よくぞ言ってくれたぁ! よぉし、やってやろうじゃぁねぇの!メンバー一同 (一斉に立ち上がり)おう!かくして、足利直義率いる軍は、鎌倉を出立、夜を日に継いで、西へと急いだ。直義に従う人々はといえば、まず足利一族では:吉良満義(きらみつよし)、吉良三河守(くらみかわのかみ)、その子息・吉良三河三郎(きらみかわのさぶろう)、石塔義房(いしどうよしふさ)、その子息・石塔頼房(いしどうよりふさ)、石塔義基(いしどうよしもと)、桃井義盛(もののいよしもり)、上杉重能(うえすぎしげよし)、上杉憲顕(うえすぎのりあき)、細川顕氏(ほそかわあきうじ)、細川頼春(ほそかわよりはる)、細川繁氏(ほそかわしげうじ)、畠山国清(はたけやまくにきよ)、畠山国頼(はたけやまくにより)、斯波高経(しばたかつね)、その弟・斯波時家(しばときいえ)、仁木頼章(にっきよりあきら)、その弟・仁木義長(にっきよしなが)、今川氏兼(いまがわうじかね)、岩松頼有(いわまつらいう)、高師直(こうのもろなお)、高師泰(こうのもろやす)、高豊前守(こうのぶぜんのかみ)、南宗継(みなみむねつぐ)、南師幸(みなみもろゆき)、南師茂(みなみもろしげ)、大高重成(だいこうしげなり)。足利家以外では:小山判官(おやまのはんがん)、佐々木道誉、その弟・佐々木貞満(ささきさだみつ)、三浦貞連(みうらさだつら)、土岐頼遠(ときよりとお)、その弟・土岐道謙(ときどうけん)、宇都宮貞泰(うつのみやさだやす)、佐竹義敦(さたけよしあつ)、その弟・佐竹義春(さたけよしはる)、小田中務大輔(おたなかつかさのたいふ)、武田甲斐守(たけだかいのかみ:注5)、河越三河守(かわごえみかわのかみ:注5)、狩野新介(かののしんすけ)、高坂七郎(こうさかしちろう)、松田(まつだ)、河村(かわむら)、土肥(とひ)、土屋(つちや)、関東八平氏、武蔵七党をはじめ、その軍勢、207,000余騎。11月20日に鎌倉を発った足利軍は、同月24日、三河の矢作の東宿(やはぎのひがしじゅく)に到着した。--------(訳者注5)[武田甲斐守]と[河越三河守]は、足利討伐軍のメンバーリスト(上記)にも、名前があがっている。このようになった事情はよく分からない。太平記作者のミスかも。--------太平記 現代語訳 インデックス3 (その中に [主要人物・登場箇所リスト]へのリンクもあり), 太平記 現代語訳 インデックス3 (その中に [主要人物・登場箇所リスト]へのリンクもあり). « 太平記 現代語訳 14-1 足利尊氏と新田義貞の対立 | プログラム 元の動画とは時間進行の逆順に進んでいく動画を生成 Java OpenCV3 を使って.

‚¢‚éBuŽ„–{v‚ł͋ߍ]‚Ő¶‚Ü‚ê‚Ä‚©‚ç“¡–鍳‚ª‚Ž‚ɍ‚°‚āA‰E”n‰î‚ªŽO‰Í‚̊قɈø‚«Žæ‚Á‚Ĉç‚Ă邱‚Æ‚É‚È‚Á‚Ä‚¢‚邪Aƒhƒ‰ƒ}‚ł͈êŠÑ‚µ‚Ä“¡–鍳‚Æ‚Æ‚à‚É ブログを報告する, 大河ドラマ「太平記」14話「秋霧」:かつての想い人との7年ぶりの再会に何を思うか?, 道誉は、花夜叉から藤夜叉が高氏の子を身ごもっていることを聞きつけ、そのまま藤夜叉を自分の, 大河ドラマ「太平記」15話「高氏と正成」:戦場から戻った彼らを待ち受けていたのは、かくも息苦しい世界…, 大河ドラマ「太平記」11話「楠木立つ」:最後の最後まで挙兵を逡巡する楠木正成の姿に感情移入してしまっ…, 大河ドラマ「太平記」4話「帝ご謀叛」:派手な場面はなく陰謀渦巻く暗い展開。セリフの情報量が多く聞き逃…, 大河ドラマ「太平記」9話「宿命の子」:”父のように迷うな!赦しがあれば天下を取れ!”, 「Alesia: Last Stand of the Gauls」(S&T誌)を対戦する(1), 大河ドラマ「太平記」29話「大塔宮逮捕」:後醍醐帝はなぜ実子である護良親王を切ったのか?, 大河ドラマ「太平記」28話「開戦前夜」:宮廷政治の洗礼、後醍醐帝への直言対決。さらには護良親王一派の暴走・・, 大河ドラマ「太平記」27話「公家か武家か」:なぜ足利尊氏は後醍醐帝の新政を見限ることになったのか・・これがこのドラマが次に描いていくテーマ, 大河ドラマ「太平記」26話「恩賞の波紋」:新政建立の恩賞の沙汰が下り、各人の悲喜こもごもが描かれる, 大河ドラマ「太平記」25話「足利尊氏」:高氏と義貞、実際に会ってみるとわだかまりは解けたように思えたが・・, 大河ドラマ「太平記」24話「新政」:腐臭を放つ人々が新政に集い始め、”美しい世”は早くも腐り始める・・, 大河ドラマ「太平記」23話「凱旋」:共通の敵がいなくなった途端に新たな波乱の兆しを見せる・・, 大河ドラマ「太平記」22話「鎌倉炎上」:主人公の登場はラスト3分のみ、残りは全て鎌倉攻防と北条氏の滅亡が描かれるという異色の回. トップページ 6235【日本TVドラマ】<大河>「真田太平記」14を見る - DailymotionでPenroi05を視聴 ... フジテレビ系連続ドラマ「監察医 朝顔」(月曜午後9時)の16日放送の第3話に、佐久間由衣がゲスト出演することが9日、分かった。 太平記に絶賛ハマり中 (谷口恵梨香) 2019-09-18 20:42:50 ひょんなことから真田広之にハマってしまい、太平記を見ることに。 後半は夜を徹しての一気見! ‘æŽl‰ñ‚Å‚à“oê‚µ‚½“Vc‚Ì“û•ƒE‹g“c’è–[‚ª“|–‹Œv‰æ‚ð–‹•{‚É–§‚µ‚Ä‚µ‚Ü‚¤Bß‚ðrŠîE•¶ŠÏ‚ç‚É‚¨‚Á‚©‚Ô‚¹‚Ä“Vc‚¾‚¯‚ðŽç‚낤‚Æ‚µ‚½‚ñ‚¾‚낤‚¯‚ǁc‚µ‚©‚µ | トップ > tvドラマ・映画 > 大河ドラマ「太平記」14話「秋霧」:かつての想い人との7年ぶりの再会に何を思うか? 2020 - 07 - 07 TVドラマ・映画 太平記 歴史 どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます!太平記の第9回「宿命の子」の感想です。高氏の父・貞氏が病に倒れ、ついに家督を高氏に譲ることに。貞氏はある想いを高氏に託します。長崎円喜暗殺事件の首謀者とされた北条高時は、寺で謹慎を

.

R17 レイテッドセブンティーン ネタバレ 10, 目を見て 話さ ない生徒 31, アイドル 事務所 マネージャー 4, 新海誠 背景 ソフト 7, ライン うん ありがとう 5, 明日海 りお 現在 28, ヴィーガン 子供 強要 18, 山本彩 α 売上 8, フライトプラン 飛行機 機種 13, 名古屋 Ss 評判 4, テレビ 副音声 できない 9, Pendant Que フランス語 4, Pso2 シバ 攻略 39, 虹を 2回 見る 7, 半沢直樹 ロケ地 銀行 12, あそびあそばせ ダニエル 言葉 15, Love Ken Tv 目黒蓮 5, Fc東京 寮 場所 11, ライプツィヒ ザルツブルク エンブレム 5, 永野芽郁 兄 Tiktok 4, 白い巨塔 2019 挿入 曲 4, 宝塚 天海祐希 人気 30, 赤西仁 Alone 歌詞 19, デデデデ 侵略者 顔 8, チョコレート専門店 ショコラ ヴィ 24, 河北麻友子 実家 日本 27, スズメ 撃退 音 アプリ 47, 茅野市 広報ちの 放送 4, 推奨 しない 類義語 46, ゆき ぽよ 母 年齢 9, 赤ちゃん 頭 犬臭い 5, ゲド戦記 アレン テルー 結婚 10, 2nl Zoom 勝てない 34, アイナナ 陸 泣く 小説 7, Tbs チャンネル 何番 関西 6, 千の風になって 歌詞 意味 4, 家族にだけ キレ る 病気 35, 富山県 トレセン 掲示板 4, あ つもり Amiibo ラムネ 13, 自分の ペース 四字熟語 5, やまとなでしこ 名言 合コン 15, 銀魂 次郎長 お登勢 6, Rina Sawayama 情熱大陸 動画 15, テイルズ オブ アスタリア 2ch 4, Line 初期化 され た Iphone 4, 李忠成 実家 焼肉 42, 名古屋グランパス U18 メンバー 4, 神奈川 サバゲー スレ 4, このすば Pc 壁紙 14, 競艇 面白い レース名 9, いきものがかり ライブ Youtube 5, 横尾渉 父 名前 34, ファム 意味 フランス語 15, キンタロー 夫 誰 8, 飲みコール ティック トック 5, サトラレ 漫画 打ち切り 35, エレカシ 石くん 子供 27, フルメタル エアガン 長物 17, 夢占い 助けられる 異性 5, ニャヒート 育成論 剣盾 16, 銀河 画像 高画質 4, 清原 パワプロ 西武 4, 遅刻 言い訳 子供 38, セリーグ 順位予想 中日 8, 演技力 向上 声優 12, Zero 有働 休み 今日 23, 志村 どうぶつ 園 視聴 率 低下 57, リーガル 2504 好き 11, Tepcoひかり Pint 評判 14,